戦国史リプレイ【ドイツ】

  • 2017.07.10 Monday
  • 23:59

どうも、サブです。ご無沙汰しております。

 

こちらも久しぶりとなってしまいましたが、戦国史リプレイ【ドイツ】を始めていきたいと思います。

 

 

1944年11月、我が国の次の目標を西方戦線はサモア・ハワイラインの確立に定め、南は米軍を壊滅させることだが、まずはジブラルタルの解放を目指す。ジブラルタルは交通の要衝であり、南北の交通を容易にするためには個々の解放は必須である。

尚、東はHギーレに任せ、対ソ戦線を実行させている。戦果はまずまずといったところ。

ちなみに、史実の彼はこの月の9日に親衛隊大将に任命されている。

 

さて、米国本土を東から進む部隊は西に向かって邁進している。

もちろん、米軍も黙ってはいない。

 

日本のほぼ全てを手中に収めた米国は、軍の大半を米国本土に戻している。

我が軍およそ95000と米連合軍およそ97000が激突するのである。

 

ここで米軍を完膚なきまでに叩き伏せれば、我がドイツに敵うものなどいなくなる。

そう考えると、米国が序盤に行った物量作戦ほど効果的なものはない。

今度は我々が米国に行う番だ。

 

 

 

戦況は優勢である。

西方戦線は、一進一退はあるものの徐々にではあるが、我が軍が西に向かって前進をしている。

さらに1945年9月、米国本土のオマハにて、米連合13人の将帥と2890人の兵を攻囲。翌々月に陥落させた。また、同時にハワイを陥落させる。

1946年9月には、ヴァンクーヴァーにて18人の将帥とおよそ1万の兵を攻囲。翌月には陥落させた。

 

南方戦線も1945年3月にイラクのバスラで将帥13人とおよそ10000を攻囲し、9月にはパレルモにて将帥18人とおよそ15000の兵を攻囲。それぞれ翌月には陥落させている。

 

南方戦線における米軍の大半は失った。後は楽に平定させるであろう。

 

part4 前|part5|次 part6

 

■戦国史リプレイ【ドイツ】シリーズ

part1

part2

part3

part4

part5

part6

part7

スポンサーサイト

  • 2020.06.15 Monday
  • 23:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    プロ野球 順位表

    プロ野球データFreak
    セリーグ順位表
    パリーグ順位表

    ブログパーツ


    ジオターゲティング

    辺境のツイッター

    ランキング(押して頂ければ励みになります^^)

    アクセス解析

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM