マイライフ、その後。

  • 2014.10.10 Friday
  • 00:32
どうも、サブです。

沢村編の後、野手でマイライフを少しずつ進めていましたが、そろそろ投手の方も再開させようかと。

次の目標は大魔神との異名を持つ佐々木氏。データは以前作った佐々木です。初のリリーフ投手となる事から、野球偉人伝などスタミナを上昇させるアイテムを一切使わないというのが条件となります。ただ、試合で上がる部分に関しては致し方なしです。それにこだわっていては終わるものも終わりませんので。
また、最初はなるべくEのまま終わる事に執着していましたが、最終的にスタミナがEで終われば良いと思う事に。とはいえ、ガッツリ上がってしまうと後々大変な事になりかねませんので、多少上がる程度でないといけないと考えております。ただ、こればかりはやってみないと分かりませんので、成り行きに任せます。

また、成長についてはコーチによる育成をベースに考えていく予定です。

長き月日が経過し、諦めかけたものの、今連打○を付けてここに終結。

  • 2014.08.20 Wednesday
  • 23:53
どうも、サブです。

だいぶ前の記事でも取り上げた、ロバート・ローズを再現した選手を作る。
今回、ようやく連打○を付けてクリアする事が出来ました。

今回は帝王大で作りました。全日本でも連打○を付けられますが、10数回試しましたところ一度もそういうイベントが出て来ませんでしたので、自販機と朝霧の二つのイベントに狙いを変えました。それが早速功を奏したかたちです。

最初に起こったのは自販機のイベントでした。しかし、失敗。チームメイトからは「そういうキャラだよなー」とか言われました。しるこ大に所属する朝霧のイベントに賭けようかと思い、育成を続けていたところ、再び自販機のイベントが。今度は見事に当たりました。

この後も、私のミスでカレンさんに威圧感を付けてもらうのを失敗した事以外は、特に悪い事はなく。真帝王になってから3大会連続で優勝を果たしました。ここまでの選手になるんだったら見返りバットでも持っておくべきでしたが、連打○を付けられましたので良しとします。
そして、以下の様な結果に終わりました。

【弾道】3
【ミート】C(5)
【パワー】A(152)
【走力】D(9)
【肩力】B(13)
【守備力】B(12)
【エラー回避】C(10)
【特殊能力】ケガしにくさ4 送球4 安定感4 バント○ 内野安打○ 連打○ 初球○ チャンスメーカー 逆境○ 代打○ 守備職人 体当り

ミートが少々低い事やアベレージヒッターや威圧感が無い事以外は、上出来だと思います。尚、内野安打やバントなどは埋め合わせによるものです。

今後の連打○を持った選手の足掛かりになりそうな、そんな感じがします。

佐々木、再び。

  • 2014.07.19 Saturday
  • 23:08
どうも、サブです。

以前佐々木を作ってから、再び某百科事典や様々なサイトを拝見してきた結果、段々以前作った佐々木では納得できなくなりまして再び作りました。尚、完成するまで5人の佐々木を犠牲にしました。

今回制作に当たって気を付けた点は、ホスト阿畑の出現の2つです。この点を満たさない為に5人の佐々木は犠牲になりました。

まず、ホストに関しては、カレン自叙伝で得られる特殊能力・威圧感狙いです。基本的に出たらホストを一回だけやって、カレンさんを出現させます。11の彼女は何より付き合うのも楽ですし暑苦しさを我慢すれば、ね。惜しむらくは、今回はホストの出現が10月と遅く、最低でも低め○が手に入らなかった事です。あれはポイント消費が取得できる他の特殊能力と比べて高いんですよね。

続いて阿畑の出現ですが、2年生の11月に起こる謎のたこ焼き屋さんイベントを出現させることから入ります。これを出現させるのには大して時間は掛かりませんでしたが、今回はオリジナル変化球のイベントを何回起こせるかというのが重要なポイントでした。一回だと雀の涙程度しか既存の物と変わらないのです。
そもそもこれを行うきっかけになったのが、代名詞であるフォークが佐々木氏なりの工夫が施されているという情報を得た為です。以前作った佐々木は、佐々木氏のフォークについてそこまで検証せずに作ったので、今回の佐々木はオリジナル変化球にしてみました。
また、佐々木氏のフォークは握りを変えて左右に曲げたり、チェンジアップ気味のフォークだったりと複数のフォークがあるみたいなので、ここもだいぶ思案を重ねました。パワプロ11の変化球は1方向のみ2種類までしか選べないので、今回の佐々木は、チェンジアップ気味というのと軌道を左右に曲げる事を重視して、第二球種をサークルチェンジとしました。サークルチェンジの握りはフォークとはだいぶ違うのですが、妥協の範囲として処理しました。
ただ、今回の目標はオリジナル変化球と共に、特殊能力・逃げ球を得る事でもありますので、まずは逃げ球を得るまではオリジナル変化球を徹底的に拒否し続けました。数にして6回程度ですね。そして逃げ球を得たら手の平を返すようにオリジナル変化球を作り、さらに9回前後改造を続けました。ここまで改造した経験が無いので、少し間をあけた後にもう一度この投手を使って練習などをしてみたいと思っています。理由としましては、最後の全国大会であまり変化を感じなかった為です。


兎にも角にも、出来た物が以下の通りです。
佐々木
球速:131km/h
コントロール:D110
スタミナ:E50
球種:フォーク5、サークルチェンジ2、Dカーブ2
特殊能力:対ピンチ4 対左打者4 打たれ強さ4 安定感4 ノビ4 キレ4 クイック4 回復4 ジャイロボール 重い球 逃げ球 牽制○ 闘志 威圧感

球速及びコントロールは兎も角、スタミナが少々上がり過ぎなのが心配です。60に上がるとDに上がってしまい連投が出来なくなるのがこのゲームの仕様なので、衰えを利用する事を現段階では検討しています。
また、クイックや牽制は敏捷ポイントがあったので付けました。闘志を含めて今となっては必要なかったかと思います。ジャイロボールに関しては、どうせ作るのだから付いたら良いな程度でパワスポを買っていたら3回目で付きました。これは幸運だと思います。また、最後にポイントが余って低め○か回復4のどちらかしかつけられない状況に陥りどちらを付けるか迷いましたが、マイライフで回復4を付ける場合、同時にスタミナも上昇する事を思い出して回復4を付けた次第です。

変化球重視の育成方針からそれに集中しすぎて身長アップの特殊能力を取り忘れた事以外は、概ね理想通りの育成に終わりました。ここからマイライフでの育成をするのですが、佐々木氏の所属先は横浜でしたので、それに伴い今回の佐々木も所属先を横浜にしました。これに関しては検討段階の為、別の記事に書きます。

奪三振に特化した投手。

  • 2014.04.08 Tuesday
  • 21:49
どうも。サブです。

唐突に奪三振に特化した投手が作りたくなりましたので、取り敢えずは考察から入る事にしました。
そこで、まずはオートペナントを1年通して行い、奪三振が200以上の投手を探します。
念の為に2回やりまして、出た選手は以下の通りです。

2回:松坂、井川
1回:斉藤、岩隈

尚、細かい奪三振数は記録し損ねました。
そして、彼らの能力を掻い摘んで表記すると、以下の様になります。

■2回達成

松坂(西武)
球速:156km/h コントロール:C(151) スタミナ:A(155)
変化球:Hスライダー4 カットボール2 サークルチェンジ2
特殊能力:対左打者4 奪三振 速球中心

井川(阪神)
球速:150km/h コントロール:C(148) スタミナ:A(167)
変化球:スライダー3 サークルチェンジ7
特殊能力:ノビ4 牽制○ リリース○

■1回達成

斉藤(ダイエー)
球速:152km/h コントロール:B(167) スタミナ:B(137)
変化球:スライダー2 カーブ3 フォーク5
特殊能力:打たれ強さ4 速球中心

岩隈(近鉄)
球速:151km/h コントロール:B(175) スタミナ:A(173)
変化球:スライダー5 スローカーブ3
特殊能力:牽制○ 打球反応○

赤の特殊能力は省きました。
 

そして、以上の結果から導き出された結論(あくまで、三振を奪う事について)としましては、

球速は150km/h以上。空振り三振を取る為には、球速が速い方が良い。
コントロールC以上。失投を防ぐ為、高ければ高いほど良い。
スタミナB以上。完投すれば、その分奪三振の数も増えるので高ければ高いほど良い。
変化量4以上の決め球。基本変化球より特殊変化球(サークルチェンジなど)の方が良い感じ。
特殊能力はノビ4は必須。特殊能力・奪三振には2ストライクになるとノビ4とキレ4が発動するので、必須と判断しました。ノビ4の強化版であるジャイロボールも有効。


ネット上の情報によると、対左打者4もそれなりに有効の様ですね。左のみですが、球速・コントロール・スタミナ消費を変化させる様なので。打たれ強さ4はピヨリにくくなるだけなので、直接は関係が無いか。ただ、スタミナには影響するので、多少影響はあるかもしれません。尻上がりもなかなか魅力的ですね。6回以降だと投手能力全般が上昇する様なので、あって損はしないかと思われます。


話は逸れてしまいますが、広島(当時)の黒田には、かつて本来持っていない筈のノビ4があるのではないかという情報がありました。確かに、黒田のストレートは他の投手のストレートとは異質と言いますか、「速い」という印象が強い。とにかく、ノビ4の類を隠し持っているのではないかと。
それからしばらくして、別の複数の場所からリリース○は体感速度がアップするという情報がありましたし、黒田もリリース○を持っているので、体感速度がアップするという情報はあながち間違っていないのかもしれません。

 

無口でまっすぐが好きな人。

  • 2013.09.28 Saturday
  • 23:58

どうも、サブです。

ちょいと時間があったので、久しぶりにサクセスをやっておりまして、今日完成しました。
沢村栄治投手を作ったのですが、あくまでも素体です。これをいずれ行うであろうマイライフで強化する予定。

沢村
【背番号】14
【球速】138km/h
【コントロール】E(112)
【スタミナ】E(41)
【変化球】オリジナル(4)Dカーブ(3)
【特殊能力】対ピンチ4、対左打者4、打たれ強さ4、ノビ4、キレ4、クイック4、回復4、安定感4、ジャイロボール、低め○、重い球、牽制○、ポーカーフェイス、威圧感。

補足等
オリジナル変化球は、ドロップを改造球で名前はHドロップと言います。本当は三段ドロップという名前をつけたかったのですが、システム上そういう訳にはいかず、やむなくこの名前に。ただ、名前とは裏腹に改造があまり出来なかった為、大してハイスピードになっていないのが玉に瑕ですね。
沢村投手が現役時代に投げていた変化球はカーブ系だけの様なので、それを重視。さらに、「無口な人柄」という情報を考慮してポーカーフェイスを入れましたが、「まっすぐが好き」という情報から速球中心を入れたかったのですが、これは入れられず・・・。

全体的な評価としては、このままマイライフで成長させたとしても、沢村投手としては劣化しているのは明白と言わざるを得ません。とはいえ、ジャイロ威圧感オリジナル変化球をまたやる気力はないので、これにて終了。

実はこれ、2度目なんです。
1度目はオリジナル変化球までは良かったのですが、威圧感とジャイロボールを手に入れられず、ドラフトには選ばれずにゲームオーバーという残念な結果に。ですので、やり直すのは難しいのです。

先発・中継ぎ・抑えの利点と難点。

  • 2013.05.07 Tuesday
  • 22:04

どうも、サブです。

ここでは、パワプロ11マイライフにおける、先発・中継ぎ・抑えの利点と難点について書いていきます。

あくまでも、書いてある内容は個人的な考えによりますので、あしからず。




■先発

利点
1:スタミナ・コントロールが上がりやすい。
2:投げる間隔が最大で6日なので、1年を早く進める。
3:特殊能力・尻上がりが付きやすい。
4:長いイニングを投げるので、特殊能力・奪三振の経験値を得る確率が高い。

難点
1:特殊能力・スロースターターが付きやすい。
2:長いイニングを投げる為、特殊能力・一発が付きやすい。
3:休息をした際の体力の回復度が異常に少ない。
4:特殊能力・寸前×が付きやすい。


■中継ぎ

利点
1:先発ほど長いイニングを投げずに、スタミナ・コントロールを上げられる。
2:試合後、飲みに誘ってくれる確率が高い。

難点
1:連投させられ長いイニングを投げさせられる為、先発ほどではないが、特殊能力・一発が付きやすい。

■抑え

利点
1:あえてスタミナを上げたくない場合。抑え投手を作りたい場合。
2:登板しても殆ど1イニングなので、打たれる確率が低い。
3:仮に打たれても毎試合ごとにセーブしていれば、それほど後悔しない。
4:試合後、飲みに誘ってくれる確率が、中継ぎの次に高い。

難点
1:スタミナが上がる機会が少ない。
2:チームが弱い場合、中継ぎの駒不足により例えば3回から投げさせられる。
3:たまに中継ぎの投手がいるにもかかわらず、中継ぎ扱いで例えば4回から投げさせられる。
4:スタミナがD以上だと1日は登板しない日が来る。だが、たまにチームが弱い場合は、それでも投げさせられる事があるので、一回ごとのセーブは忘れずに。(私は3回ありました。)


■まとめ
1回目は抑えで、2回目以降も抑えが無難だが、腕に覚えがあるなら中継ぎ・先発でやってみるのも良い。


■補足
2回目以降で、もう上昇するものが無くなった場合は、投手コーチに連絡して、まずは先発にしてもらい、次に連絡する際に登板間隔を選択し5日くらい6日は必要を試合前(当日か前日)のフリーでそれぞれ(5日の場合は6日を、6日の場合は5日を)選択すると、次の試合まで飛ばす事が可能。

当然、年俸は減額となるが、圧倒的に早くシーズンが終わる。


※5月8日 加筆・修正しました。
※5月21日 加筆しました。

よくよく考えてみたら使える選手は少ないんだと再認識。

  • 2011.12.10 Saturday
  • 22:51

どうも、サブです。
ご覧になって頂き、ありがとうございます。

今までマイライフに熱中しすぎて、肝心のチーム作成が疎かになっていた事に最近ようやく気づいた私(^^;

取り敢えず、まとめてみました。

赤文字は完成した選手。
マイライフ前は、サクセス終了後にマイライフで育成する事が確定となった選手。
サクセスは終了は、サクセス終了後にマイライフで育成するか不確定な選手。

投手
右先発:秋山(マイライフ前
左先発:昨年作った無名の選手。
中継ぎ:空白
抑え:佐々木(サクセスは終了

捕手:谷繁(マイライフ前

一塁:松原(マイライフ一回目終了)

二塁:ローズ(サクセスにて製作中)

三塁:田代(マイライフ一回目終了)

遊撃手:石井琢(マイライフ一回目終了)

外野手:金城(サクセスは終了)・波留ブラッグス

控え野手:駒田・進藤・鈴木尚・佐伯・万永

(敬称略)

控えの捕手にもう一人と、中継ぎ投手を一人は作りたいですね。
捕手が秋元で、中継ぎでは五十嵐が今のところの候補です。

ローズを作る為に。

  • 2011.11.25 Friday
  • 22:47

どうも、サブです。

十数年前に横浜にいたローズを再現する為に、たまにサクセスの全日本で行っているわけですが、これがなかなか出来ないですね。

やはり連打○は捨てられないと思うんですよ。
ですから、なかなか出来ないのですけど(^^;

能力が多少弱くても、特殊能力さえしっかり手に入っていれば問題は無いんで、出来るだけ早く作りたいものです。

夏がもうすぐ終わりますねぇ。

  • 2011.08.29 Monday
  • 23:58

どうも、サブです。

夏がもうすぐ終わりますね。
個人的には夏の日差しは、あまり好きではないんですけど・・・(^^;


話は変わりますが、ちょっと石井琢のマイライフは頓挫しておりまして、もう一つのメモリーカードに保存してあるローズのマイライフを再開させたいと思っています。

石井琢の場合はホームランを打ちたくない(打ったら弾道が上昇する為)上に、エラー回避率が低い(これは自業自得ですが)ので、あまり進まないんですよね(^^;

ローズの場合は最初こそ特殊能力等を取らないといけないという制約上、進行速度は遅いかもしれませんが、取れれば石井琢よりかは早いかと思っています。


そして、いつかはやりたい右投手。
これは時間があれば、是非ともやりたい(^^;

ただ、ジャイロボール、威圧感付きでHスライダー、スローカーブ、シンカーの選手を作れる自信が・・・(^^;

まずはそこから、です。

今日は野手を作りました。

  • 2010.10.27 Wednesday
  • 23:57

どうも、サブです。

最近、野手の作成に嵌っています。
今日は西岡(ロッテ)を作りました。

【登録名】西岡
【弾道】2
【ミート】B
【パワー】B(114)
【走力】A(14)
【肩力】B(13)
【守備力】B(12)
【エラー率】C(11)
【特殊能力】盗塁4、走塁4、送球4、ケガしにくさ4、安定感4、内野安打4、チャンスメーカー、逆境○、威圧感、体当り、短気。
【守備位置】遊・二

この選手は失敗かも。
今は右投げ両打ちなのに、左打ちにしてしまったので(^^;

短気は猫神のイベントで盗塁4と共に取ってしまいました。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

プロ野球 順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

ブログパーツ


ジオターゲティング

辺境のツイッター

ランキング(押して頂ければ励みになります^^)

アクセス解析

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM