石井琢、再び。

  • 2013.06.07 Friday
  • 21:56

どうも、サブです。

少し前になりますが、石井琢で再びマイライフを始めており、今のところ6月まで進めています。

最後にこのカテゴリーで更新したのは2011年11月29日なので、約1年半ぶりですね。
ただ、今後ゲームをする時間が暫くは取れない可能性がありますので、気長にやっていく予定です。

石井琢の出来。

  • 2011.11.29 Tuesday
  • 22:27

どうも、サブです。

今日はいよいよ石井琢の最終章。
やっと終わる・・・(^^;

ただ、エラー回避値上昇の為にもう一度やりますけどね。
F(5)では到底納得できないですし。
まさか上級守備術のエラー回避値の上昇が、野球偉人伝とかけ離れているとは思いませんでした。

巨人に移籍したので、淡口コーチの指導を受けていますが、効果はそんなに高くない印象。
信頼されれば効果が高くなるのかな・・・?

また、パワプロといえども鶴の一声は存在する様で、ロッテの清水直も私と同時に獲得していました。

なお、次回からのマイライフは誰にしようか検討中です。
ホームランを打ってはいけない制約は暫く付けたくないので、石井琢の育成は少しの間お蔵入りにします。

絶不調の恐怖。

  • 2011.11.24 Thursday
  • 23:42

どうも、サブです。

9月、日本シリーズ、オフ、そして来季まで進めました。
そろそろ終えようかなと思っています。


さて、9月。
我が横浜は窮地に立たされていました。
勝っても勝ってもゲーム差が縮まらない・・・。
横浜に迎えての3連戦も阪神に勝ち越されました。

ただ、2ゲーム差にまで縮めての阪神との最終2連戦。
何とその2連戦に連勝してしまい、どうなるのかと思いきや、まさかプレイオフが発生するとは・・・。
全く存じ上げませんでしたので、少々驚きました(^^;

そしてそのプレイオフも打線のお陰で勝利し、何とか優勝を果たすことができました。

日本シリーズはダイエーとの対戦だったのですが、最終戦までもつれ込み、最終戦も打線のお陰で勝利して日本一に輝きました。
石井琢は4戦目まで絶不調だったのですが、5戦目から調子を取り戻し、勝利に貢献しました。

また、チームはダイエーに比べて投手力が圧倒的な差がある所を、打線でカバーしたのが勝利の要因でした。


ダイエーの先発陣には、斎藤・和田・杉内・新垣・馬原・寺原と先発が揃っているのに対して、横浜の先発陣にはデフォルトの二軍にいる堤内・吉川・秦といった投手や台湾から来たそこそこ使える投手、他には新たに入団してきた投手など、どうも烏合の衆の臭いがプンプンと(^^;
何よりもエースがいるのといないのでは大きく差が出ますよね。

あと、個人的に驚いたのですが、福留と共に西武からFA移籍してきた
我が横浜では貴重な中継ぎとして活躍してくれました(^^;横浜の野手陣は、やはり大村・小笠原・福留の加入がなければ確実にAクラスは無理だと思います。

また、どうも二塁も補強ポイントのようで、内川と吉村が試合のたびに代わり、最終的には奥居が守るようになっていました。

見る目が無くて申し訳ない・・・(。。;

ダイエーの野手陣は、松中・井口・川崎・城島・柴原・バルデス・ズレータなどの選手に、新外国人選手を加えた感じ。

皆、エラーをするのですけどね(^^;


そして、オフ。
FA宣言しまして、狙い通り(?)阪神と巨人からオファーが来ました。
取り敢えず、即決で巨人にしておきました。
巨人ならBクラスになっていないですし、容易に淡口コーチの特別指導を受けられると判断した為です。

ちなみに他のチームのFAの動向は、阪神の井川が中日へ、中日の川上が横浜へ移籍していました。

次の年。
最初の三連戦は横浜戦。


やはり、弱い。


三連戦共に圧倒的大差で勝利を収めてしまいました。
また、これらの試合で川上が投げる事はありませんでした。

7月が終了。

  • 2011.11.22 Tuesday
  • 23:55

どうも、サブです。

石井琢の7月が終了。
2つ勝ち越したのですが、阪神に首位を奪われてしまいました。

阪神との直接対決に連敗した事や、最下位・ヤクルトに3連敗を喫してしまった事が主な要因です。

特に、ここに来て投手陣が終わっていて、1イニングに7得点を取られるという試合が多く、リリーフ陣に負担が・・・。
とはいえ、リリーフ陣も7回以降に3点や4点を続け様に取られたりもするので、あまり他人の事を言えません。

それに対して、打撃陣は好調で(^^;
中日戦にて、3回までに9点取られた試合があったのですが、最終的には11−10で勝利しました。

こんな試合が続けばいいのですが、続くのは投手の失点の方のみ・・・。
当たり前ですよね(^^;

今年こそは優勝したいので、8月以降は何としても他チームに勝ち越したいですね。

6月が終了。

  • 2011.11.14 Monday
  • 22:08

どうも、サブです。

6月までを終えた石井琢。

2位・阪神とのゲーム差が6月終了時点で1.5と5月終了時より狭まっています。
そして、3位巨人とのゲーム差も2.5とこちらも狭まってきています。

4位・中日とのゲーム差は10.0ありますので、こちらとはまだ余裕があります。
5位と6位を行ったり来たりの広島・ヤクルトは20ゲーム差を超えたり縮めたりといった具合です。


また、一日だけ阪神に首位奪還を許しましたが、翌日阪神が敗れ、さらには横浜が初回に10点もの大量得点をして勝利したため事無きを得ましたが、このままズルズルと行っていたらあっという間にBクラスへ直行です。

チーム状況なのですが、おかしな事が起こっています。
古木を何故か用いて、福留を控えに置いているのです。

レフト・古木、センター・大村、ライト・多村という顔ぶれで、多村が怪我をした時は、河野だったり、田中一が代役となるのです。

福留を使ってくれと言いたい・・・。
少なくとも福留が古木より劣っている点はなく、あるとすれば監督との信頼度くらい・・・。

ただ、古木は特殊能力・エラーの持ち主なので、タイムリーエラーを起こしやすいのです。
もう勘弁してくれと言いたい・・・。

しかし声は届かず、今日もまた古木はエラーをしました・・・。

4月を終えましたが・・・。

  • 2011.11.02 Wednesday
  • 22:59

どうも、サブです。

4月を終えましたが、先行き不安です。

開幕戦を敗北で終えた横浜は、それから10連勝。
これはもしかしたらスタートダッシュを決めるのでは・・・と思った矢先、今度は連敗を重ね、現在2位(^^;
打撃陣は好調で一試合平均で6点くらい取っているんですけど、投手陣が不安定ですね・・・。
主に先発がやらかして、それ以上取られて負けてしまいます。

また、阪神とか巨人が相変わらず強い・・・。
6点差をつけたとしても、7回以降に一挙に5点取り返したりするので安心できない・・・(^^;

今年こそ何とかAクラスに行きたいものです。

4年目が終了。

  • 2011.10.31 Monday
  • 22:32

どうも、サブです。

4年目が終了しました。
最終的に4位中日と0.5ゲーム差をつけて、何とか3位でシーズンを終える事ができました。
そこで気が抜けてしまい、シーズン後の練習を何日かしてセーブを行ったのですが、ふと順位を見ると横浜が1厘差で4位・・・(^^;

どうやら、横浜のシーズン終了の翌日に試合が残っていた中日が、そこで勝利を収めてギリギリ3位に滑り込んだようです。

はぁ〜ぁ、進藤コーチさようなら・・・。

監督まで変更となった横浜は、新監督には田代さんがなりまして、守備走塁コーチは駒田さんが就任しました。

また、今年のFAは柴原か城島が来てくれる事を期待していたのですが、福留が来ましたのでそこでセーブ。
さらに西武の森も来ましたが、こちらはあまり期待はしていないです。
劣化が激しいので・・・(^^;

2つの選択肢。

  • 2011.10.26 Wednesday
  • 22:08

どうも、サブです。

一応、現在FAまで1年切っているんです。
それでFAを用いて巨人に行くか、或いは阪神に行くか・・・。


巨人は以前も話したと思うのですが、弾道を下げてくれる唯一のコーチ・淡口さんに師事します。
それで弾道を下げつつ、エラー回避値の上昇が凄まじい野球偉人伝を読むというのが一つ。
ただ、
最初から一軍コーチなのが心強いのですが、ネックなのはパワーヒッターという特殊能力も上昇してしまう事。
上手く付き合ってエラー回避値だけを上げる事がポイントになります。


阪神は牛若丸指導の吉田コーチ。
これは1年目にBクラスに為らなければなりませんが、守備とエラー回避値と特殊能力・守備職人が上昇します。
ネックは、関東以外の地方特有の問題、朱美に会い辛い点ですね。
まあ、これは巨人の場合のネックに比べれば大した事ではありません。


そのまま横浜という選択肢は、もう消え失せました。
上級守備術が今一つ成果を挙げていない以上、横浜にいても時間の無駄です。



全ては、石井琢のエラー回避値向上の為に!

8月まで終了。

  • 2011.10.24 Monday
  • 23:48

どうも、サブです。

7月はついに恐れていた事が起こりました。
今までかろうじて頑張ってきた投手陣が一気に崩壊・・・。
さらに追い討ちをかける様に、ここに来て阪神が調子を上げて来まして、Aクラス陥落・・・。

現実と同じく、信頼の置ける投手が少ない・・・(^^;
先発が1イニング5点以上取られた試合が数試合。
リリーフ投手が1イニング5点以上取られた試合も数試合・・・。
サヨナラ負けも数試合・・・。

良い試合だったのに、一挙に5点以上取られた日には、少々絶望しますよ(^^;
ちまちま得点を重ねられて粉砕、なんて事もありましたけど。

それだけ負けていれば、そりゃあBクラスにも落ちる訳です。
ただ、諦めるわけにはいかないのです。今年は。
進藤コーチには辞めて頂く訳にはいかないのですよ。

しかしそんな思いとは裏腹に、現実問題として打たれまくる投手陣を抱えたチームは、暗いムードで8月に入りました。
が、打って変わってチームは絶好調
大きく勝ち越し、2位にまで浮上しました。

何だか浮き沈みが激しい球団ですね(^^;
現実でもこのくらい頑張って欲しいのですが・・・。
何せ、野手では日ハムからFAで来た小笠原を控えに回すくらいなので。

一塁が吉村、二塁に内川、三塁に村田、遊撃手は石井琢。
これがほぼ常時の布陣です。
一塁に小笠原が入る日もあれば、七野が入る日もあります。
また、小笠原は三塁も守れるので、村田が怪我をした場合は、三塁に入ります。

内外野含めてよくエラーをするので、毎試合ヒヤヒヤしています(^^;
石井琢がエラー回避値F(4)ですので、エラーのところに1以上の数字があれば毎試合確認しています。
先日、三試合連続で1つずつエラーがありまして、確認すると村田、吉村、内川の順にエラーをしていました(^^;
常習犯といえば、多村もそうですね。何気に何回もしています。
あとはエラーの神様・古木(^^;
彼が外野を守る(三塁も守れますが、十中八九守備機会がない)時には、緊張しますね。
近鉄からFA移籍してきた大村もたまにですが、やらかします。

オフには柴原か城島を迎えたい・・・。


一方の深刻な投手陣ですが、先発では三浦がまだ十分戦力になるのにも拘らずに引退しましたので、堤内やら秦やら吉川やら初期の2軍投手が奮闘しています。
また、呈という外国人投手もある程度は活躍しています。

しかし、どの投手もたまにやらかすので、あまり褒められたものではありません。

リリーフ投手の木塚や加藤やギャラード、新外国人投手のフェルナンド等がいますが、こちらもあまり・・・(^^;

取り敢えずはAクラスが目標なので、このまま9月も(主に投手に)頑張って欲しいです。

7月まで進めました。

  • 2011.10.18 Tuesday
  • 22:25

どうも、サブです。

たまに進めている石井琢でのマイライフ。
現在は7月頭まで進めました。

現在横浜は3位で、4位阪神とはゲーム差が1.0になったり2.0になったりしていてなかなか緊縛した戦いが続いています。
首位は巨人になったり中日になったりしていて、我が横浜とは5.5ゲームほどの開きがあります。

最初は首位だっただけに、ズルズル落ちていきそうな気が・・・(^^;

先日も先発のマレン(懐かしい・・・)が一回に7点も取られて降板しました。
結局それが響いてその試合は敗北したのですが、それが首位から25ゲーム以上も離された最下位ヤクルトにやられたのですから、もはや笑う事すらできません。

正直、順位が誤っているのではないかと錯覚してしまいました。

また暇を見てマイライフを続けていこうと思います。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

プロ野球 順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

ブログパーツ


ジオターゲティング

辺境のツイッター

ランキング(押して頂ければ励みになります^^)

アクセス解析

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM